前立腺マッサージのすすめ

男のエナジーオーガズム! 妄想でイク「脳イキ」のやり方

エナジーオーガズムとは、局部に触れることなくオーガズムを得る方法。脳イキとも呼ばれています。
イマジネーション(妄想)だけでオーガズムを得る「エナジーオーガズム」の奥義について解説しています。

脳イキ

「エナジーオーガズム」という言葉をご存じでしょうか。

エナジーオーガズムとは、ペニスを直接触ることなく妄想だけでオーガズムを得ること。脳イキとも呼ばれます。

今回はそんなエナジーオーガズム=脳イキについて解説します。

エナジーオーガズム(脳イキ)とは

エナジーオーガズムとは、古代インドに伝わるヒンドゥー教の聖典「タントラ」の秘法の一つです。

タントラはシヴァ神の性的パワー“シャクティ”の教義を説いた書で、現代風に言うなら古代インドの「ハウツーセックス本」。
そこに書かれたイマジネーション(妄想)だけでイク秘法がエナジーオーガズムと称されるようになりました。

そう聞くと怪しいスピリチュアルを連想するかも知れませんが、エナジーオーガズムはヨガなどと同様に体系的に確立された奥義。多くの人が実践しているものです。

エナジーオーガズムのメカニズム

とは言え、妄想だけでなぜイケるのか不思議ですよね。エナジーオーガズムのメカニズムを簡単に説明します。

そもそも、オーガズムはペニスの付け根にあるPC筋という筋肉が司っています。PC筋はペニスを支えるとともに、オーガズムの際に収縮して射精を誘発する役割を果たしています。

PC筋は訓練すれば妄想だけで自在に動かせるようになります。脳内で性的なイメージを思い浮かべるだけで、セックスやオナニーのようにPC筋が収縮してオーガズムを得られるようになるのです。

簡単に言えば、これがエナジーオーガズムのメカニズム。

脳イキと呼ばれている通り、エナジーオーガズムは脳の反応です。ペニスを刺激しないため、ドライオーガズムも可能。訓練次第で女性のように何度でもオーガズムを得られる「メスイキ」もできるようになりますよ。


前立腺が得意な女の子を見てみる


エナジーオーガズムのやり方

脳イキの訓練をする男性

では、エナジーオーガズムのアプローチ方法を説明していきましょう。

できるだけリラックスできる環境を整える

エナジーオーガズムは器具が必要なく、直腸に指を入れることもないので準備するものは特にありません。強いて言うなら「環境」です。

部屋の鍵を閉めるなど誰にも邪魔されない状態にし、部屋の明るさは間接照明などで薄暗くしておきましょう。初心者はより集中力を高めるために目隠しなどをするのも◎。また、室内の温度は25度程度がベストです。


呼吸とポーズを意識する

準備が整ったら全裸になり、カーペットやベッド、布団などに正座して大きく数回深呼吸をします。このとき、鼻から吸って口から出す呼吸を意識しましょう。

このとき、呼吸はできるだけエロチックに。鼻から吸って口からハアーッと出す声を色っぽくするのがコツです。

リラックスしてきたら、仰向けに寝て両脚を肩幅程度に広げ、膝を90度ほどに曲げます。そして鼻から息をゆっくりと吸いながら、背中が少し浮く程度まで身体を弓なりに反らします。両脚は自然に開きましょう。

いっぱいまで吸ったら息を止めずにゆっくり口から吐いていきます。息を吐くときは、唇を少し丸めてロウソクの火を消すようなイメージで。息を吐きながら、おしっこを止める要領でPC筋を締めるのがポイントです。こうすると射精に近い感覚を体感できるようになります


PC筋を締めるときはアヌスも締めてしまいがちですが、アヌスは締めずおしっこだけを止めるコツを覚えると早くいけます。両膝の間にクッションなどを挟むとやりやすいですよ。

局部から息を吸って「エナジー呼吸」

鼻から吸うときに背中を反らし、口から吐くときは思いきり骨盤底筋を締める――これをしばらく続けます。

ここからがとても大事なポイント。

慣れてきたら、息を吸うときにお尻の穴で息を吸い込むようなイメージで肛門呼吸を意識してみてください。息を吐くときはエロい感じを忘れずに。

快感に身を任せることが大事

そのうち大きな快感の波がやってきます。息を吐きながらアヌスを締め付けるとさらに強い快感がきますが、ここは我慢!

シーツや枕などをギュッと握って耐えてください。耐え続けているうちに膝下がガクガクしてきたらいい兆候。脚の根元に力を入れて快感に身を任せていれば、エナジーオーガズムはもうすぐです。


催眠オナニーはエナジーオーガズムしやすい

催眠オナニーで脳イキするイメージ

エナジーオーガズムは脳内で起きる現象のため、催眠状態で自慰をする「催眠オナニー」が効果的。特に、初心者がエナジーオーガズムを得るには最適な方法です。

催眠状態に入ると、潜在意識が活性化することで過去のオーガズム体験(射精)などが呼び起こされて、脳が興奮状態に陥ります。

このとき何かの命令を与えられると、自分の意志とは関係なく、それに対する反応が実際の身体の変化として起こります。例えば「イキなさい」と命令されただけで、身体が勝手にオーガズムに達してしまうのです。

催眠オナニーは動画サイトや市販の催眠音声を用いるのが一般的。

音源はインターネットで探せばすぐに出てきます。ソフトな声質の催眠音声がおすすめであるとされていますが、色々聞いて自分のタイプの声を探してみてください。

ただし、 催眠オナニーは誰にでも効果があるわけではありません。自己暗示にかかりすいタイプなら効果が期待できそうです。


前立腺が得意な女の子を見てみる


前立腺刺激とエナジーオーガズム

前立腺で脳イキ

エナジーオーガズムは前立腺マッサージとも関わりがあります。そこで重要なポイントとなるのが「チャクラ」です。

チャクラと言われても馴染みが薄いと思いますので、ざっくり説明しておきます。タントラでは、人体には背骨の底部から頭頂部にかけてエネルギーの門が存在するとされています。これがチャクラであり、人には7つのチャクラがあるとされています(下図参照)。

チャクラの位置

第7のチャクラ:サハスラーラ(百会・宝冠)

自己を超越する、霊性のあるチャクラ。他の6つとは別次元であり、宇宙と一体化する感覚を得ると言われています。

第6のチャクラ:アジナ(第3の目)

直感や知恵を司る眉間にあるチャクラ。第六感の感覚を持つと言われています。

第5のチャクラ:ヴィシュッダ(喉)

首の付け根中央に位置するチャクラ。コミュニケーションや自己表現の源です。

第4のチャクラ:アナハタ(心臓)

心臓に位置するチャクラ。音・聴覚の感覚を持ち、愛や人間関係を司っています。

第3のチャクラ:マニプラ(太陽神経叢)

胸骨の下部とおへその間にあるチャクラ。視覚の感覚・そして個人の力、意志を司どります。

第2のチャクラ:スヴァディシュターナ(仙骨)

下腹部・ヘソと性器の間にあるチャクラ。情緒のバランスや性(セックス)を司っています。

第1のチャクラ:ムンダーラ(会陰)

肛門と性器の間に位置するチャクラ。肉体的欲求との関係が深く、クンダリニーと呼ばれるシャクティが眠っていると言われています。

ここで注目したいのが第2のチャクラである「スワーディシュターナ・チャクラ」。このチャクラはヘソと性器の間にある仙骨と呼ばれる部分に位置しています。

勘のいい人ならすでにお分かりと思いますが、この仙骨はちょうど前立腺やPC筋があるところ。つまり、スワーディシュターナ・チャクラこそがエナジーオーガズムの扉なのです。

エナジーオーガズム(脳イキ)とはまさにこの第2のチャクラを覚醒させるためのメソッド。スワーディシュターナ・チャクラを意識して前立腺を刺激することで、エナジーオーガズムに近付けると言えるでしょう。

前立腺マッサージできる女の子はこちら

上に戻る