前立腺マッサージのすすめ

催眠オナニーでドライオーガズムを得る方法

催眠オナニーとは暗示によって性的快感を得るオナニー。専用音声を聴き、女性声優の淫語や愛撫音などでオナニーします。
この記事では催眠オナニーを極めてドライオーガズムを得る方法を解説。おすすめの催眠オナニー音源もご紹介しています。

催眠オナニーとドライオーガズム

「催眠オナニー」をご存知でしょうか?

催眠オナニーとは、文字通り「催眠(=暗示)によって性的快感を得るオナニー」です。主にネットや通販で手に入る催眠オナニー専用の音声を聴き、女性声優の淫語や愛撫する音などでオナニーを行います。

コツを掴めば、性感帯を刺激せず音声を聴いているだけでオーガズムを迎えられるようになります。いわゆる夢精に近い状態です。

さらに極めれば、射精なしでも絶頂感を得られるようになるとか。つまり、ドライオーガズムメスイキが可能になるというわけです。

「本当?」と眉をひそめる人もいるかも知れませんね。

催眠術にかかりやすい人とかかりにくい人がいるように、催眠オナニーで誰でもドライオーガズムを達成できるようになるわけではありません。

とは言え、ドライオーガズムに達するには肉体面だけでなく精神面も重要なのは事実。

リラックスした脳は催眠状態と同じくアルファ波の脳波が多く出ていると言われます。催眠オナニーがドライオーガズムの手助けになるのは間違いないでしょう。

催眠音声の上手な選び方

催眠音声を聴く人

催眠オナニーをするには「催眠音声」がなくては始まりません。

催眠音声と言われてもイメージしにくいと思いますが、実は意外と身近にあるのをご存知ですか? 最近人気のASMR動画がそれです。

ASMRを知らない方のためにウィキペディア(Wikipedia)を引くと

ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)は人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応。直訳すると自律感覚絶頂反応となる。

――とあります。

例えば「食事の際の咀嚼音」「耳かきの音」「ささやき声」などがASMRの代表例。ユーチューブなどに動画がたくさん挙がっています。初心者はいきなり音声から入るより、まずはこうした動画から入った方がとっつきやすいでしょう。

これらのASMR動画は安眠導入の用途で使われたりします。

いきなり「ドライオーガズムに達しなくては」とプレッシャーを感じるより、まずは音声を聴いてリラックスする感覚を体に叩き込むことが重要。そうすれば催眠オナニーのハードルを下げることができます。

ユーチューブなどのASMR動画で慣れてきたら、いよいよ催眠音声にチャレンジです。

催眠音声は大手アダルト動画配信サイトなどで入手できます。購入者のレビューや無料体験版も参考にして選びましょう。

催眠オナニーで最も大切なのは没入感。それだけに、催眠音声を選ぶ際は必ず「自分になったシチュエーションを選ぶ」ようにしたいものです。

音声の世界にどれだけ深く入り込めるかが催眠効果を左右します。

例えば「優しいお姉さんにリードしてほしい」「ドSな美少女にいじめられたい」など、自分の性癖にぴったりの音声を根気よく探してみてください。


前立腺が得意な女の子を見てみる


催眠オナニーで準備するもの

催眠術

<ヘッドホン>

催眠オナニーの際、ヘッドホンは必需品です。

ヘッドホンなしで催眠オナニーをすると音声に集中できません。周りの雑音を遮断するためヘッドホンは必ず着用しましょう。できれば音質が良くて遮音性の高いヘッドホンを選ぶことをおすすめします。

また、ヘッドホンやイヤホンはノイズキャンセリング機能付きを選ぶといいでしょう。外部の音は催眠を妨げてしまいます。普段なら気にならない隣人の生活音や自動車の走行音なども催眠オナニー中は大敵です。

ノイズキャンセリング機能搭載のヘッドホンやイヤホンなら、ボタン1つで外部音をシャットアウトできて便利です。催眠効果を高めたいならヘッドホンやイヤホンにもこだわりましょう。

<スマートフォン>

催眠音声はネット配信が主流となっています。そのため、音声の再生機器としてスマホやパソコンなどが必要です。

催眠オナニーは寝ながら行うケースが多いため、できればスマートフォンやノート型パソコンを枕元に置いて再生することをおすすめします。機動性を考えるとスマホの方が快適でしょう。

容量などの問題でスマホに音声をダウンロードしたくない場合は、ワイヤレス機能が付いたヘッドホンやイヤホンを用意してください。そうすればパソコンからの音声を聴きながら催眠オナニーできます。


前立腺が得意な女の子を見てみる


催眠オナニーのやり方

催眠オナニーのやり方

催眠オナニーの心構えですが、まず前提として「猜疑心」は捨てること!

一般的な催眠術もそうですが「催眠なんてウソでしょ」「どうせかかりっこない」と疑ってかかっていては、上手くいきません。とりあえずニュートラルな気持ちで催眠オナニーに臨みましょう。

では、催眠オナニーの具体的な手順を解説していきます。

1.導入部をしっかり聴く

AV鑑賞では導入部を早送りしがちですが、催眠オナニーで導入を飛ばすのはNG。催眠音声は導入パートからすでに催眠が始まっています。導入部は世界観に没入するために大切。飛ばさずにしっかり耳を傾けましょう。

その際、自己暗示がポイントとなります。

音声の途中で声優が「気持ちいい?」などと問いかけたりしますが、そうした場面では本当に「気持ちいい」と思い込むことが大切です。意識を集中していると、実際に性感帯がジワジワ熱くなってきたり気持ちよくなってきたりするのを感じるはず。そうなれば準備段階はOKです!


2.ひたすらオナニーに集中

導入部が終了したらエロパートがスタート。フェラや手コキなどがリアル音声で展開されるので、シチュエーションに没頭しましょう。

いきなりドライオーガズムに挑戦する必要はありません。最初のうちは普通に手コキでフィニッシュして大丈夫。オナホールなどのアダルトグッズを使っても、エネマグラを肛門に挿入したままオナってもOKです。

フィニッシュのタイミングは声優が指示してくれるのでご心配なく。まずは音声とシンクロして射精できるようにオナニーに励んでください。

慣れてきたら、性感帯を触らず、声優とエッチしているところをイメージしながら音声に没頭してみましょう。

最初はうまくいかなくても構いません。何回か繰り返しているうちにドライオーガズムの感覚が掴めるようになります。


3.「解除音声」は必ず聴くこと

催眠オナニーを終えたら、しっかり催眠を解いておく必要があります。

催眠効果が残ったままだと危険です。注意力の欠如や倦怠感など日常生活に支障をきたすことがあるため、解除音声は必ず聴いてください。

ただし、たまに解除音声が含まれていない作品もあるので、音声を選ぶ際は必ずチェックしましょう。もしも収録されていない場合、ネットでも入手できます。


催眠オナニーするときの注意点

催眠オナニーするときの注意点

催眠オナニーはマスターするのに時間がかかりますが、一度コツを掴んでしまえば通常のオナニーでは味わえない極上の快感を得られます。

ただし、短期間に何度も催眠オナニーをすると心身に負担がかかるので要注意。また依存性が高いのでやりすぎは禁物です。週に1~2回を目安に、適切な頻度で行うように心がけましょう!

また、催眠オナニーの効果はメンタルのコンディションにも左右されます。

例えば、こんな精神状態のときは催眠オナニーを控えた方が良さそうです。

・集中力が低い

・相手の指示に逆らってしまう(聞き入れない)

・催眠にかかりたい気持ちが足りない

・心に余裕がない

・催眠に対して不安を抱いている

・逆に期待が強い、ワクワクしすぎている……etc.

上記以外に、物理的なコンディションが大きく影響することもあります。催眠オナニーをする際はリラックスできる環境を整えておくことが大事。室温や部屋の明るさを調節しておく、トイレなどは事前にすませておくなど、準備万端にしたうえで催眠オナニーに臨んでください!

前立腺マッサージできる女の子はこちら

上に戻る