前立腺マッサージのすすめ

女性並みの絶頂! メスイキのやり方

メスイキとは「メス」のように「イク」こと。ドライオーガズムの中でも女性が感じるような強烈なオーガズムを指します。
男性体内の器官は発生学的に女性と共通なので、コツを掴めば男性も誰でもメスイキができるようになります。

メスイキ

オーガズムに達した女性の快感は強烈で、男性の10倍以上とも言われています。しかも、射精後に萎えてしまう男性と違って女性のオーガズムは連続で何度もイケるのが特徴です。

男性からすれば羨ましい話ですが、前立腺を開発すれば男性も女性と同等のオーガズム(ドライオーガズム)を得られるようになります。それが「メスイキ」です。

今回はそんな男のメスイキの方法などを解説します。

メスイキはドライオーガズムの一種

「メスイキ」とドライオーガズムについて、違いがよくわからないという声をよく耳にします。

メスイキを一言で表すなら、男が感じる「女性的なオーガズム」です。

結論を言えば、メスイキとドライオーガズムはほぼ同じ。正確には、メスイキはドライオーガズムの一種です。

ドライオーガズムは射精なしで絶頂に達する現象全般を指しますが、その中でもメス(牝=女性)のように何度もイキまくるオーガズムが「メスイキ」と呼ばれます。

そもそもドライオーガズムには、男性型と女性型の2タイプがあります。

男性型ドライオーガズム

前立腺や精嚢などの男性的な器官を刺激して得られるドライオーガズム。射精に近い感覚がありますが、精液は出ません。

ちなみに、「空(カラ)イキ」と呼ばれる現象も男性型ドライオーガズムの一種です。

空イキとは、イッたにもかかわらず何らかの原因で精液が射出されない現象。例えば、連続射精をした後にはしばしばこの現象が起きます。通常のドライオーガズムと違い「賢者タイム」が発生するのが特徴です。


女性型ドライオーガズム

女性のようなイキ方をするドライオーガズム。

射精の感覚と違って、アナル全体が気持ちよくなったり、直腸への刺激や肛門の蠕動(ぜんどう)運動でイッたりします。「女性がイク感覚に似たオーガズム」で、メスイキはこの女性型ドライオーガズムにあたります。

メスイキにおいては自分を女の子だと思い込み、女性の気持ちになりきって「女性のようにイク」ことがポイントです。

また、乳首オナニー(チクニー)で女性型ドライオーガズムに達することも可能です。


メスイキの感覚はセックス以上

メスイキの感覚はセックス以上

メスイキ経験者は、イッたときの感覚が通常のオナニーやセックスよりも気持ち良いと口を揃えます。

「イッたばかりなのにすぐにまたイケる」
「普通の射精とは違って、何回でもイケちゃう」
「気持ちよさが継続して、快感が長く続く」
「イッても賢者タイムがないから、ずっと興奮した状態」
「アナルがどんどん柔らかくなる。トロトロになってきてそのままイク」

……etc.

また、メスイキすると下記のような現象も見られます。

・女性のように喘ぎ声が出る
・体がビクンビクン痙攣する
・思わず笑顔になってしまう
……など。

こうしたメスイキの快感には、オキシトシン(別名「愛情ホルモン」)というホルモンが関係しているとされています。オキシトシンは女性が性的に興奮すると脳下垂体から分泌され、膣と子宮を収縮させる働きをするホルモンです。

このオキシトシンですが、男性の場合も前立腺や乳首を刺激すると分泌されることがわかっています。こうして分泌されたオキシトシンが男性のメスイキを誘発する重要な要素と考えられています。


前立腺が得意な女の子を見てみる


メスイキは元々「BL用語」

メスイキは元々、男性同士の同性愛を描くBL(ボーイズラブ)の世界で使われていた用語でした。

このメスイキという言葉を一般に広めたのは「男の娘(こ)AV女優」として活躍した大島薫さんだと言われています。

大島さんはメスイキについて、ツイッターで過去にこう発言しています。



また、ある対談では「前立腺は男にしか無い器官、もうこれは神が男はアナルセックスをしろと言っているようなもの」と名言も放っています。

さすが実践者だけあってリアリティーのある発言。大島さんはユーチューブや著書でもメスイキ理論を解説しているので、興味がある方はチェックしてみてください。



『絶頂! メスイキゼミナール』(SANWA MOOK)

絶頂! メスイキゼミナール

メスイキの具体的な手順や精神面の心持ち、便利グッズなどを挙げながらメリット・デメリットを紹介しています。

メスイキを実践するポイント

メスイキ達成には肉体だけでなくメンタルも重要なポイントです。

まずは充分にリラックスした状態で前立腺刺激を行うのが大前提。ここで大切なのは「恥を捨てること」です。

喘ぎ声が出てしまったとしても、照れずに没頭してください。恥ずかしくてもそこで我に返らずに没頭し、性的興奮をキープすること。それがメスイキ誘発の必須条件です。

さらに、想像力も必要となります。実際、先述した大島さんも「女の子の気持ちになるとうまくいく」と発言しています。そうした妄想=イマジネーションこそ、メスイキを助ける原動力となると言えるでしょう。

女の子の気持ちになりきるのに手っ取り早い方法は「女装」してみることです。普段から女装する必要はありませんが、アナニーをするときには女性の洋服を着用する、化粧をしてみる、体毛を剃って肌をつるつるにしてみるといった方法は有効と言えるでしょう。


前立腺が得意な女の子を見てみる


メスイキの注意点について

メスイキのデメリット

まれに、メスイキが体や心に影響を及ぼしてしまうケースがあります。メスイキの副作用にはどんなものがあるのかまとめてみました。


女性化することがある

メスイキは「女の子の気持ちになるとうまくいく」と先述しましたが、その結果、女性化するケースもあるようです。

これがエスカレートすると「男の娘(こ)」に目覚めてしまうこともあります(性が多様化している昨今では必ずしもデメリットと言えませんが)。

マゾ体質になる(かも)

また、メスイキは受け身のオーガズムです。前立腺マッサージがM性感などで行われていることからも明らかですよね。

そうした受け身の快感ばかり味わっていると、次第に被虐体質になっていきます。その結果、いわゆるM男化するケースも少なくないようです(この場合も必ずしもデメリットというわけではありません)。


まれに依存症になることも!?

一度メスイキを味わってしまうと、その強烈な快感から抜けられなくなるケースがあります。本気になれば止められますが、お酒やタバコと同程度の中毒性があると認識しておいた方がいいでしょう。

ただし、適切に行っていれば問題ありません。大体、三日に一度ぐらいの頻度なら悪影響はないので、それほど深刻に考えなくても大丈夫です。

逆に間隔を2週間以上あけると感度が鈍くなってしまうこともあります。適度なペースで前立腺を開発にしておきましょう。


前立腺が得意な女の子を見てみる



メスイキできない場合の対処法

対処法

前立腺マッサージをするとき、エネマグラを使うとメスイキしやすくなります。しかし、エネマグラを使ってもなかなかメスイキできない人もいるでしょう。そんなときは下記の3つの対処法を試してみてください。


対処法1:体位を変えてみる

エネマグラを挿入する際は、横臥して膝を曲げるのが基本体位です。この体位でメスイキできない場合は、他のポーズも試してみましょう。

おすすめは足を閉じ、股に睾丸を挟むポーズ。足を閉じるとPC筋に力が入り、前立腺をが刺激されるのです。

そこへ睾丸を挟むことでより強い快感が加わってメスイキしやすくなります。足を閉じた状態で、PC筋に負荷をかけることを意識しながら四つん這いなど色んな体位を試してみてください。


対処法2:亀頭をいじってみる

前立腺マッサージしながら亀頭を触ると、メスイキしやすくなる場合があります。

このとき、ペニス全体ではなく亀頭だけを触るのがポイント。ペニスを触るとウェットオーガズム(通常射精)までいってしまいます。

亀頭を触る際はローションを塗り、指一本で女性のクリトリスを愛撫するイメージで優しく撫で回してください。

ここで注意すべきなのが、射精したくなっても我慢すること。そうすることでメスイキ感覚を高めることができます。

前立腺への刺激がうまくいくと、今までに経験したことのない快感が襲ってきます。そこで怖くなってプレイをやめてしまう人がいますが、これは実に勿体ない。あと少しでメスイキを発動できたかも知れないのに!

男性のほとんどはメスイキなんて全く未知の体験です。射精をせずに「女性のような」オーガズムを得られると言われても、女性になったことがないのだからその感覚が分からないのは当然のこと。

メスイキの壁を乗り超えるコツは、せっかく気持ちよくなってきたところでリズムを変えてしまわないことです。一定のリズムで刺激を続けて、快感を逃さないように心がけてみてください。

前立腺マッサージできる女の子はこちら

上に戻る