前立腺マッサージのすすめ

チクニー(乳首オナニー)でもドライオーガズムは可能

乳首は男性にとっても重要な性感帯であり、開発次第では局部と同等の快感を得られるようになります。
チクニーを極めれば、射精なしに女性のように何度もイケるドライオーガズム=「メスイキ」に達することも可能になります。

チクニ―

ドライオーガズムを得るポピュラーな方法は、前立腺マッサージです。

しかし、ドライオーガズムへの道は一つではありません。

ドライオーガズムを得るのに効果的なのが、前立腺を刺激しながら乳首をいじることです。意外に思うかも知れませんが、慣れてくれば乳首オナニー(チクニー)だけでメスイキに達することもできるようになります。

今回はチクニーでドライオーガズムを達成するメカニズムやその方法について解説します。

乳首オナニーと愛情ホルモン「オキシトシン」

オキシトシンは「愛情ホルモン」

前立腺マッサージの経験者から、前立腺を刺激しながら乳首をいじっていたらドライオーガズムできたという話をよく耳にします。
 
実はこれ、オキシトシンというホルモンのなせるワザ。

オキシトシンは主に女性の出産や授乳、子育てに関与するホルモンですが、男性も乳首や乳輪を刺激するとオキシトシンが脳下垂体から分泌されることがわかっています。

また、オキシトシンは射精の際にペニス(女性の場合は子宮・膣)を勃起させたり収縮させたりする働きもしています。

オキシトシンにはストレスを解消して多幸感をもたらす効果があります。そのため、オキシトシンは「愛情ホルモン」や「幸せホルモン」とも呼ばれています。

チクニーでドライオーガズムが促進されることは経験的に知られていましたが、近年ではその要因がこのオキシトシンにあるのではないかと考えられるようになりました。

ドライオーガズム愛好家がメスイキを頻繁に繰り返して気持ちが「女性化」するケースがありますが、これもオキシトシンの分泌量がテストステロンより優位になった結果と考えられています。


前立腺が得意な女の子を見てみる


チクニーによるドライオーガズムの実践方法

乳首オナニーはただ乳首をいじればいいわけではありません。簡単なようで、実は奥が深いオナニーです。

乳首は男性にとっても性感帯ですが、ペニスほど敏感な部位ではありません。また、誰もが気持ちいいわけではなく、ただくすぐったいだけという場合もあれば、人によっては全く感じないケースもあります。

つまり、チクニーで感じるためには、乳首の性感開発が不可欠。ではどうやって乳首開発をすればいいのか、そのノウハウを解説しましょう。


乳首開発ステップ1[ローションを準備]



ローションを使うと、チクニーの効果がより高まります。

ローションによって指の滑りがよくなるのはもちろん、ヌルヌルした感触で性感がアップします。また、爪などで乳首を傷つけてしまうトラブルも避けられるのもメリットです。

ローションは「温感タイプ」を選ぶのがいいでしょう。

ローションを使ったことがある方は、肌に付けてヒヤッとした経験があるはず。こうした違和感があるとせっかくの興奮が冷めてしまうので、使うならホットローションがおすすめです。

ホットローション

ちなみにローションは乾くとゴロゴロとした粒状の塊になるため、肌に残っていると乳首へダメージ与えてしまうことがあります。使用後はしっかり洗い流すようにしましょう。


乳首開発ステップ2[指で優しく触ってみる]


男性の乳首周辺は女性の乳房のように脂肪がついておらず、その分刺激に弱い部位です。

それだけに、チクニーは女性の乳首を触る以上に繊細なタッチが重要です。いきなりギュッと抓んだりせず、まずは指で軽く撫でたりさすったりして優しく愛撫しましょう。

慣れてきたら、乳首を抓んでひねる、こねくり回す、引っ張る、爪で弾くなど色んな愛撫を試してみて、ベストな触り方を見つけてください。

乳首の感度が悪いと思ったら、氷などであえて乳首を冷やしてみる手もあります。

寒いときに、興奮していないのに乳首が勃ってしまうことがありますよね。さらに効果を得たいなら「寒冷法」がおすすめ。氷で冷やした後、カイロなどで急激に温めることで感度アップが期待できます。


前立腺が得意な女の子を見てみる


乳首開発ステップ3[アダルトグッズを使う]



風俗店での乳首舐めは感じるのに、チクニーは気持ち良くないという方がいます。

これは脳が乳首への刺激を予期してしまうため。自分で足の裏をくすぐっても、くすぐったく感じないのと同じ理由です。

この場合、自分の指以外でチクニーするのが効果的です。一番手っ取り早いのはアダルトグッズを使うことでしょう。

チクニーグッズでは「スポールバン」(通称、スポバン)は有名です。本来アダルトグッズではないのですが、乳首の性感開発には欠かせないグッズとしてマニアに重宝されています。

スポールバン箱
スポールバンバラ

ちなみに、構造はこんな感じです。

スポールバンの仕組み

シールの直径は約2cm。針先は長さ1.1mm、太さ0.22mm。

ハリの底部はリング状になっていて、布バンテープと一体成型になっているのでハリ先が抜ける心配は無用。「ハリ」と聞くと何だか痛そうな気がしますが、痛みはほとんどありません。

ヤフー知恵袋を覗くと、スポバン乳首開発の口コミが複数ヒットします。

乳首に貼り付けると、小さな鍼が微妙な深さと強さで乳首を刺激し続けてくれて、乳首の奥から疼くような快感のさざ波がずーっと響いてくる感じです。
3日に1回くらい貼り替えるんですが、3日目にはもう乳首は絶えずコリコリに勃ちっ放しで、身体を動かすごとにちょっと鍼がズレて、ウズウズっと快感の波が起こっちゃう。これがあの乳首?って思うくらい、コリコリで超敏感、下着の中から絶えず「触って……擦って……摘んで」って訴えてくる、エッチな乳首に育ちます。
yahoo!知恵袋より)

口コミにもありますが、使用開始から3~10日程度で効果が表われます(個人差あり)。

途中で効果が弱く感じられるようになったら、磁石を外して針だけにした改造スポバンを試してみてもいいでしょう。ただし、あまりにも痛い場合は無理しないでください。

純粋なアダルトグッズなら「U.F.O. SA(スタンドアローン)」がおすすめです。


U.F.O. SA

UFO型のカップを乳首に吸着させるのですが…見るからに気持ちよさそう♪

カップ部分には密着性に優れたシリコン素材を採用(アタッチメントは脱着可能)。静音性が高く、見た目がスタイリッシュなのも◎。ただし、価格は2万円程度とちょっと高め。

もう少しコスパのいいチクニ―グッズをお求めなら「ニップルドーム」も◎です。

ニップルドーム全体写真
ニップルドーム吸引写真

これ1個で吸い上げる、舐め回す、ペロペロ震える……と色々なバリエーションの刺激が可能。

ハンドルによる空気圧調整で乳房に吸引固定し、乳首だけでイケちゃう最高の快感を味わえる逸品です。この機能で8,000円程度なら、納得の価格でしょう。


前立腺が得意な女の子を見てみる


乳首開発ステップ4[会陰オナニーでメスイキがよりスムーズに!]


チクニーだけでドライオーガズムできない場合、一緒に会陰を刺激することで達成できることがあります。

会陰は肛門から陰嚢の間にあり、筋が通っているように見えることから「蟻の戸渡り」とも呼ばれる部分。ここをいじると、間接的に前立腺が刺激されてドライオーガズムを迎えやすくなると言われています。

会陰の場所

会陰は最初のうちは性感がかなり鈍いので、根気よく刺激することが大切です。ただし、あまりいじり過ぎると感度が鈍るので、快感の波が弱い時は2~3分おきに10秒程度インターバルを置きましょう。

うまくいくと会陰の奥がじわじわして、全身が痺れるような快感がやってきます。やがて全身が性感帯のようになり、腕や脚、お腹、背中などどこを触ってもビクビクしてドライオーガズムに達してしまいます。

乳首オナニーのリスクについて

乳首オナニーを 繰り返して行うほど乳首の性感がアップします。逆に、開発をサボると感度がすぐに下がってしまうため、1日5~10分程度でも継続することが大切です。

しかし、やりすぎは禁物。

チクニーを過度に行うと、性腺刺激ホルモンの分泌が活発になりすぎてホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。そうなると心だけでなく身体にも影響を及ぼすことにもなりかねません。

ごくまれにですが、「女性化乳房症」といった現象が起きることもあるとか。

加齢によって男性ホルモンの分泌が低下すると女性ホルモンが優位となって胸にしこりができることがありますが、チクニーによってこれと似た変化が身体に起きた例が報告されているそうです。

実際のところチクニーとの因果関係ははっきりしていませんが、乳首はデリケートなのでいずれにしても体調と相談しながら行うことがベター。

チクニーと前立腺マッサージを併用するときはあくまでもメインディッシュの前立腺に意識を集中し、乳首への刺激はデザートとして楽しむといいでしょう。

前立腺マッサージできる女の子はこちら

上に戻る