前立腺の病気予防と前立腺マッサージ

前立腺マッサージは本来、泌尿器科医が前立腺疾患の検査や治療目的として行なっていたれっきとした医療行為です。
定期的な前立腺マッサージは健康管理にも繋がります。正しい方法で前立腺マッサージを行う習慣を身につけましょう。

前立腺の病気

前立腺マッサージは本来、泌尿器科医が前立腺疾患の検査や治療目的で行なっていた医療行為です。

つまり、前立腺マッサージを定期的に行うことは、健康管理の面からもいいことなのです。

日本人男性の前立腺のサイズは、昭和30年代頃までは今より小さかったとか。それが食生活の欧米化などによって次第に肥大し、前立腺疾患を抱えるケースが増えてきたと言われています。

大切な下半身の健康を守るためにも、正しい前立腺マッサージの習慣を身につけておくことは大切だと言えるでしょう。

今回は男性なら知っておきたい代表的な前立腺疾患をご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

前立腺マッサージは前立腺の病気予防にも効果的

【前立腺炎】


前立腺炎

前立腺炎には「慢性」「急性」があります。

慢性前立腺炎は30~40代の比較的若い働き盛り世代に多い病気。

長時間のデスクワークや自動車運転など座ったままの姿勢を長時間続けているとかかりやすい病気です。飲酒や疲労、冷えなどで体の抵抗力が下がると発症しやすいとも言われます。

症状としては下腹部や足の付け根などに痛みや不快感が起こります。頻尿や残尿、血尿、射精痛などが起こることもありますが、症状は穏やかで発熱もありません。

こんな症状が表われたときには要注意です。

・尿をしてもまだ残っている感じがする(残尿感)

・尿が近い(頻尿)

・尿をした後、尿道をツンとした違和感が残る

・尿がもれるような感じがする(尿もれ感)

・性欲の減退がある(ED)

・精液に血が混じる


もしも病気が疑わしいときは、泌尿器科で検査してもらいましょう。多くの場合、長期的な治療が必要になります。

予防には「長時間のデスクワークを避ける」「飲酒を控える」「ストレスや疲れを溜めない」「下半身を冷やさない」などの対策が必要です。

急性前立腺炎は、尿道から侵入した細菌(主に大腸菌)によって起こる病気。

排尿困難や残尿感、頻尿、排尿痛などを生じます。また、38度以上の高熱とともに悪寒や倦怠感、関節痛、筋肉痛などの全身症状が出ることも。重篤化すると全身性敗血症症候群を起こすこともある危険な病気です。

検査や診断の際に肛門から指を挿入し、前立腺を触診します。また前立腺をマッサージで尿道から出てくる前立腺圧出液を採取し、白血球の有無や数、細菌の有無などを調べます。

治療法は点滴での抗生物質投与(発熱がひどくない場合は内服薬のみ)しかありません。症状が改善しない場合はいくつかの薬を組み合わせたりするケースが多く、前立腺マッサージが行われることもあります。


前立腺が得意な女の子を見てみる


【前立腺肥大症】


前立腺肥大症

前立腺は加齢とともに肥大し、尿道を圧迫して頻尿や残尿などの排尿障害を起こすことがあります。病気がひどくなった場合、治療が必要です。

原因ははっきり解明されていませんが、男性ホルモン(テストステロン)が関与しているのは間違いないと考えられています。また、肥満や高血圧、高血糖といった病気との関係が指摘されているようです。

野菜や穀物、大豆などに多く含まれるイソフラボンやβ-カロテン、ビタミンC、ルテインなどが予防に効果的とも言われています。

また、定期的な前立腺マッサージで溜まった膿性の分泌物を排出すると予防効果があると医師が認めています。

前立腺肥大症の予防には、他にもこんなものが効果的とされています。

水分を適度に摂取する

適度な水分摂取が効果的です。水分不足を引き起こす「アルコール」を控えるのもおすすめ。こまめに排尿ができる状態にしておきましょう。

尿意を感じたら早めにトイレへ

尿意を感じたら、我慢せずに早めにトイレに行きましょう。排尿を我慢するのはよくありません。

長時間座ったままにしない

一定の時間でストレッチ体操などをすることで、前立腺にかかる負担を軽減することができます。

前立腺マッサージできる女の子はこちら

上に戻る