前立腺マッサージのすすめ

【体験談】痴女性感でドクターお墨付きの
前立腺マッサージにドライ連発

泌尿器科ドクターお墨付きの前立腺マッサージ

泌尿器科ドクターも認めたテクニシャン

友人に勧められ、風俗店で前立腺マッサージを体験しました。

その友人は今までソープランド好きを公言していたようなやつで、ド直球のプレイにしか興味がないと思っていました。

それが目を輝かせながら「前立腺がいかに気持ちいいか」を熱弁し、ドライオーガズムの素晴らしさを訴えるのを見て、どうしても体験したくなったわけです。

教えてもらったのは五反田にある『D』という痴女店。彼によると、ここはレベルの高い女の子が多く在籍しているとのことでした。

電話予約が可能でしたので、前日に予約を入れました。

「初めてなので、なるべく前立腺マッサージが上手な子で」

そうリクエストし、受付スタッフがすすめてくれた女性から「前立腺マッサージのテクニックは泌尿器科ドクターのお墨付き」だというツカサさん(仮名)を指名。

当日の1時間前に電話確認して、ホテルへ向かいました。

部屋番号を伝えて、ドキドキしながらしばらく待っていると

コンコン!

控えめなノックの音がして、ツカサさんがやってきました。

ツカサさんはとても人懐っこい笑顔で話しやすそうな第一印象。「ゆきぽよ」からギャル要素を薄めて少し落ち着いた感じにしたようなルックスでした。

挨拶もそこそこに「ここ(お店)の利用は初めて?」とツカサさん。

初めてだと伝えると

「じゃあ前立腺も初めて? 前立腺は普通のオナニーとは違う快感だからハマる人が多いの。何回でもイケるから病みつきになっちゃうみたい」

のっけから繰り出してくる高速ジャブに早くも期待値MAX!

シャワーを終えて、いざベッドへ。本格的マッサージの始まりです。

施術はうつ伏せパウダーからでした。背中にパウダーを振りかけられて、ゾクゾクするような感覚が背中を走りました。

背中が終わると、次はお尻へ……お尻は敏感なので、パウダーのフェザータッチは思わず悶絶モノです。

パウダーを終えると「四つん這いになって」とのツカサさんからの指令が。

お尻を突き出すと、ローションをたっぷり塗られました。アナル周りをトロットロのローションがぽたぽた垂れるのがわかります。

ツカサさんは肛門周辺を指で触っていましたが、おもむろに

「じゃ、入れていくね」

指よりも細いものがアナルに侵入してくる感覚。綿棒でした。痛みはなく特になく、ほんのちょっと異物感があったくらい。

綿棒をお尻の穴に突っ込んだまま、またフェザータッチの続きです。アヌスに異物を入れられた興奮からか、さっきよりも肌が敏感になっている気がしました。

「いやらしい。お尻の穴がヒクヒクしてるわよ」

ツカサさんは言葉責めもお得意なようで、恥ずかしい言葉をガンガン浴びせてきます。

そうこうするうち、ツカサさんが手袋をはめました。いよいよ指入れです。アナルに指を入れられるのは初めてなので、緊張が高まります。


前立腺が得意な女の子を見てみる


激ウマ前立腺愛撫に大量射精

「いくよ」

ツカサさんはそう言って、アナルに指を突き立てました。

何とも言えない感覚。まず襲ってきたのは異物感でした。

(もしかしたら、女の人がバージンを失うときってこんな感じかな)

アナルに指が侵入するにつれて、自分の中で何かが変わっていくのを感じました。最初は違和感しかありませんでしたが、奥まですっぽり入ると次第に馴染んできました。

「ここが前立腺だよぉ」

そう言うと、ツカサさんは肛門内の一点をピンポイントで指圧してきました。

その瞬間、股間にビリビリと電撃が走ったような気がしました。下腹部にズンとくる妙な気分に襲われ、体内を直接コリコリ触られる感覚に汗がじっとりと浮かんできました。

ハァハァしていると「楽な体勢の方がイキやすいから」と仰向けポーズを許されました。仰向けになると、刺激されている感覚がさらにダイレクトに伝わってきました。

すると、ツカサさんが空いている手で私のペニスを握り、シゴキ始めたではありませんか。竿全体ではなく、亀頭の部分を重点的に責めてきました。

ぐりぐり、ぐりぐり。

手のひらで亀頭を転がすように愛撫されて、指の輪っかにしてカリ首の周りをゆっくり、ときに激しく。緩急をつけた手コキに脳内はホワイトアウト寸前です。

「で、出ちゃいそうです」 「まだ我慢して」

イキそうになると、すかさず寸止めしてくるツカサさん。弄ばれる感がハンパない。

なかなか射精のお許しはいただけません。ゆっくり、早く、ゆっくり、早くと緩急をつけられ、

そんな状態がどれぐらい続いたでしょうか。亀頭にあらゆる神経が集中しているかのような感覚が頭を埋め尽くし、何も考えられません。ただただ強烈な快楽に支配されました。

ツカサさんからはなかなか射精のお許しをいただけません。

ゆっくり、早く、ゆっくり、早く……リズミカルに緩急をつけられ、すでに射精管はパンパンでいつでも発射できそうなのに射精できません。なんとももどかしい感覚。

後で聞いた話ですが、前立腺を圧されている間は射精ができないのだそうです。

私はただただ情けない声を上げるばかりでした。亀頭にあらゆる神経が集中しているかのような感覚が頭を埋め尽くし、本当に頭の中が真っ白。強烈な快楽に全身を支配されて何も考えられませんでした。

そんな状態がどれぐらい続いたのか、正直覚えていません。ただ、うわ言のように「イカせて」と繰り返していたのはかすかに覚えています。

ようやく射精を許されたときは涙が出そうでした。

随喜の涙。そのあと襲ってきたのは、これまでの人生で一番気持ちいい射精でした。頭が痺れるような感覚、体液がすべて放出されたのではと思うほどの解放感。そして放心状態の私。

射精ってこんなに気持ちいいものだったのか。今までの射精は一体なんだったんだろうと思えるほどの最高の射精体験でした。

「初体験にしてはなかなか上出来だわ。初めてだと、前立腺をいじられながら射精するのって難しいのよ。今日はウエットだったけど、もう少し鍛えればドライオーガズムもイケそうね」

ツカサさんに褒められて、誇らしいやら恥ずかしいやら……。

早くお金が貯めて、また近いうちにリピートしたいとウズウズしています。前立腺は普通のオナニーとは違う快感だからハマる人が多い、とツカサさんが仰っていましたが、まさに本当でした。まんまとハマってしまいました(笑)。

今度はもっとロングコースにチャレンジしたいと思っています!

前立腺マッサージできる女の子はこちら

上に戻る