前立腺マッサージのすすめ

体験談】M性感でエネマグラ童貞喪失!
射精管理でメスイキ達成

体験談の語り手
お笑い芸人も御用達という五反田の某M性感店で体験したお話をさせていただきます。

体験談の語り手
嬢(というか、女王様)との出会いは半年前。

以前から前立腺マッサージに興味があった僕はちょっとした遊びの軽い気持ちでその風俗店に予約を入れたんです。

リクエストしたのはプロフィール欄に「ドライオーガズム請負人」と書かれていた自称:女王様Lさん。

SMクラブじゃあるまいし、女王様といってもM性感店ではたかが知れているだろうとナメてかかったのが甘かった。彼女、ホンモノでした。

思えば、初対面のプレイでアナル指入れに感じまくったのが間違いでした(実は僕、敏感体質なのです)。

すっかり気に入られてしまったらしく、その日以来、Lさんは僕の専属女王様状態。最低でも1ヵ月に2回は通うのがノルマになっていまして……(笑)。
体験談の語り手
今月はL女王様からエネマグラの使い方を教わりました。

いつものようにSM専用部屋がある行きつけのホテルに入り、パンツ一丁になって土下座スタイルでL女王様をお出迎えします。

「L女王様、本日もご調教よろしくお願いいたします!」

「本当にお前はイヤらしい子だねぇ。もうアナル責めが欲しくてお尻に火が点いているんじゃない? パンツ越しでも肛門がヒクヒクしているのが丸見えだよ」

「あうぅ、申し訳ございません……!」

ハイヒールで肛門をグリグリされたり、ローションを大量に垂らして指を突っ込まれたりして……

前戯が一通り終わると、L女王様は僕をベッドに転がしました。

体験談の語り手
「ここからが本番よ。今日は何回でもイッてもらうからね」

L女王様はそう言い放ち、手にしたエネマグラを目の前にチラつかせます。

そしておもむろに……むにゅっ! トロトロになった僕のアナルにエネマグラ挿入しました。

「あああっ!」

肛門が避けるような感覚に襲われたと思った瞬間、エネマグラは驚くほどすんなりアナルに飲み込まれました。

L女王様は、僕の両脚を閉じた状態にして縄でグルグル巻きに緊縛しました。挿入したエネマグラが抜けないようにしっかりと固定するためです。

そして、ミリ単位の絶妙な手さばきでエネマグラを左右に小刻みに動かします。

「力を抜きなさい。ほら、前立腺がだんだん膨らんできたわよ。わかる?」

痴女全開のエロい言葉責めに、ゾクゾクするような興奮を覚えました。

前立腺が得意な女の子を見てみる


体験談の語り手
エネマグラを入れてからここまで、ペニスへのタッチは一切ありません。

「ほ~ら、神経をここに集中させて。こんなにヒクヒクしているわよ」

蟻の門渡りを優しく撫でるL女王様。

たまらず精液がこみ上げてくると、射精ができないように睾丸と竿の根元を糸できつく縛られました。

(こ、これは……噂に聞く射精管理プレイというやつ?)

不安と期待でドキドキでした。Lさんは僕の表情を確認し、小悪魔っぽい微笑みを浮かべながら会陰部を優しくゆっくりと撫で回してくれます。

「あ……あふぅ」

L女王様が指を動かすたびにエネマグラが当たっている前立腺が痙攣するのが分かり、ペニスの先までその振動が伝わってくるのがわかりました。

そこへL女王様必殺の乳首舐め攻撃。

あまりの快感に全身が震えました。その様子を見たL女王様は、嬉しそうにペニスをシゴく指の動きを速めます。

「お、お許しください。も、もうイっちゃいそうです」

あまりの快感と苦痛に懇願する僕。

「だめよ、まだ我慢なさい」

「ああ、ううう、もうだめ、だめだめ、イクイク、イクぅ~~!」

体験談の語り手
前立腺が激しく痙攣して、ついに絶頂を迎えた。と思いきや……ん、漏れてない!?

そうだ、射精できないようにペニスがきつく緊縛されているんだっけ。

L女王様は獲物を捕らえた女豹のように、サディスティックにペニスをシゴキ続けました。

始めは亀頭をいじられるとくすぐったくてゾクゾクしましたが、だんだん快感に変わってくると絶頂が断続的に襲ってきます。

次第にその感覚は短くなってくるようでした。

「もう10回も我慢したわね。もうそろそろ出したい?」

10回? L女王様は僕の空イキを冷静にカウントしていたようです。これぞまさしく射精管理!

L女王様は緊縛を解くと、エネマグラをアヌスから抜いてくださいました。

その瞬間、力が抜けてグッタリ。

しかし、Lさんはそんなことはお構いなく、容赦のない高速手コキを繰り出します。
体験談の語り手
「精子を出すまで止めないわよ!」

シュコシュコシュコシュコシュコ……ドッピュンッ!

強烈な快感が襲ってきました。が、ここからが不思議な感覚でした。

射精して終わったと思ったら、まだペニスが萎えてないのです。

それだけではありません。カラダがさっきよりもさらに刺激を求めて疼いてしまいます。

「イったはずなのに……なんで射精してないのでしょうか?」

「それがドライオーガズムよ」

これが夢にまでみたドライオーガズムなのか! 僕は感激のあまり、涙を流していました。

ペニスで感じているのかアヌスで感じているのかわからない、不思議な感覚でした。ただ充足感がハンパじゃなかったことははっきり覚えています。

あれ以来、ドライオーガズムがクセになってしまいました。

月に2回のL女王様の前立腺調教が楽しみで仕方がない今日この頃です。

前立腺マッサージできる女の子はこちら

上に戻る